子供の感染症

子供の病気の多くは感染症によるものです。なにも知らない状態だと、子供の突然の熱などは、とても不安になりますよね。感染症について正しい知識をもっていれば、落ち着いて対処することができます。

子供に多い感染症の種類

子供は、入園前ですとあまり病気をしなくても、保育園に入ったり、幼稚園に入ったりするようになると途端に病気になることが多いです。
それは集団生活を行うようになるからです。
集団生活をするようになってよく見られる病気の1つに、風邪などの感染症があります。
これには、感染源になるウィルスがたくさんあります。
代表的なものはアデノウィルスやヘルパンギーナ、溶連菌感染症などです。
詳しく調べるとその原因を突き止め、そのウィルスに応じた薬を投与することで症状の改善をすることができますが、はじめには風邪と診断されることが多いようです。
次に代表的なのは、インフルエンザではないでしょうか。
これは冬になると集団感染が目立ち始め学級閉鎖などになる感染症です。
またノロウィルスやロタウィルスは胃腸症状の出る感染症ですが、感染力が強いので、注意が必要な病気です。
また最近は予防接種も進んできましたが、水痘やおたふく風邪なども学校で一人感染者が出ると、流行りやすい病気です。
またプールの時期には流行性結膜炎と言って目が充血する感染症も流行ります。
皮膚に症状の出る手足口病もあります。
これらの感染症はいろいろありますが、その感染経路は、接触感染、経口感染、空気感染、飛沫感染です。
そのために集団行動を行っていてもうつる子供とうつらない子供がいるように、もしも学校で何か流行っている病気があるならば、マスクを着用したり、手洗いをしっかりする、うがいをまめにするなど個人で対策をとることによって感染を防ぐことができます。
また学校でもこまめに空気の入れ替えをする、教室の掃除を徹底する。
感染が出たら消毒を行うなど対処を行うことで感染を最小限にすることができます。

子供が感染症になった場合の対処法

子供に熱が出た場合、まず病院に連れて行く人が多いでしょう。
その時に、保育所や幼稚園、学校などで流行っている病気、感染症がないか医師に伝える必要があるでしょう。
親もそのような学校の病気情報を伝えられるように常に敏感になっておかなくてはいけません。
またいつから熱が出たか、その他に症状はあるのか伝達する必要もあります。
家で発熱をした場合には、病院で熱の高さや熱型なども見るために、熱さましとかは飲ませなくてもいいのですが、頭部や頚部、そして腋窩などを冷やすことができるものを持っておくと便利でしょう。
そして病院に持参しておくといいですね。病院に行き、感染症の診断が下されたならば、今度は学校などへの連絡をしなくてはいけません。
特にインフルエンザやノロウィルスなど法定伝染病になるような感染症は、一定の決められた期間学校に通うことができません。
そのために連絡をすることが大切なのです。
また患者が出たことが分かれば、学校でもほかの児童に移ったりしていないか確認をしたり、教室を消毒したり、注意をすることができます。
また感染対策をとることができます。そして子供が休む場合には、親も仕事をしている場合、看病しなくてはいけませんから休み必要がある場合もあります。
その場合、自分の職場にも電話をして伝えるとともに、自分の感染をしていないか注意をしておかなくてはいけません。
また感染している恐れがなさそうならば、うつらないように看病をしなくてはいけません。
マスクや手袋を着用する。
そして手洗いをする。
そして子供の排泄物がついたものや分泌物がついたものは、消毒をしたうえで、洗濯を個別にする必要があるのです。
子供が回復するまでしっかりと感染予防の対策が必要です。

子供の感染症予防策

子供の感染症は一年中季節を問わずに発症します。
とくに冬場は乾燥していてウイルスが活動しやすい環境であり、より感染症が増加してきます。
我が子が苦しむ姿は出来る限り見たくないものです。
そこで、感染症にならないために日常的に出来る予防策のご紹介です。
まず第一に手洗いです。
ウイルスや細菌を触った手で、食事をしたり、口周りを触ってしまったりしただけで、ウイルス達は体に入ってきます。
手洗いを30秒行うだけで、約85%の除菌が出来るといわれています。
次に、うがいです。
うがいによって、喉の粘膜に付着している菌を体外に出すことができます。
つまり、万が一口から菌が進入してしまっても、うがいによって体内に入れることを防げるのです。
よりうがいの効果を高めるためには、緑茶や塩水を使うことが良いとされています。
そして、最も大切なことは元気でいることです。
学級閉鎖の時、病気に感染する子としない子がいると思います。
この子達の違いは、手洗いうがいの習慣がきちんと定着しているかと、健康であるかであると言われています。
三食バランスの良い食事をとり、しっかりと睡眠をとるといった基本的な生活が、子供達の基礎代謝を上げたり、免疫力を保つためには必要不可欠なことです。
朝食を抜いたり、夜ふかしをして寝不足が続いていると、身近な人が持っている菌に負けてしまいます。
毎日の積み重ねが大切です。
感染症は重症化するととても危険な病気です。
これからの季節、インフルエンザを代表にたくさんの感染症が流行します。
子供達の健康を守るために、予防接種を受けたり、人混みに行く際にはマスクを着用ことも予防策として有効です。
手洗いうがいや規則正しい生活は、親の指導も必要です。
今一度、子供との生活を見直してみてはいかがでしょうか。
■カンジダや水虫などの感染症にはこちら
イトラコナゾール
■ヘルペスの症状や治療薬について
ヘルペス
■扁桃炎、急性気管支炎などに効果的なお薬
ジスロマック